読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の鍋敷き

職場のとある部屋に入ったら、自動的に扉がつっかえるようになって密室が出来上がり、出れなくて一人でうけてた。そんな土曜日。最初は何が起きたのかさっぱり分からずただ唖然としてました。

掟上今日子の備忘録はものすごい自分好みのドラマだけど原作読んでないので、既読者からするとどうなんだろう。某古書堂のことを思い返すと、色々と改変があって反発あったりするのかしらん。

とりま、今日子さんを眺めているだけで時給が発生する幸せな仕事に私も就きたいですね。