くるみたん=監督の叙述トリックが仕掛けられているのかと深読みしてしまったorzギャグxギャグ


七月隆文白人萠乃と世界の危機 メイドinヘヴン (電撃文庫)メディアワークス,2005   類似検索


七月さんの遊んでる小説の第二弾。AⅤ(エーファイブ)に語尾が「〜にゃ」のメイドさんが加わる話。って、なんのこっちゃ。しかもあらすじでネタバレやってるし。既存の小説の斜め上をいってます。ついでに言っておくなら、前回の敵役はモザイク化が目的でしたが、今回の敵は二次元化が目的です。
裸エプロン、タライ召喚、豚骨先生、二次元神”フラグ”などの単語で表される数々の暴挙。そして「”ちきゅうは青かった”そして丸みを帯びていた!!」この言葉に収斂されると思います。ワルノリを楽しめるかたに。
友達・先輩などといった日常生活は、普通に生きようとする主人公から光の速さでどこへいってしまったのだ。かつ、七月さんもアストラルに比べて遠くへ行かれてしまったことよ。


③ たんぽ Amazon② 仕切るの? 春日部さん Amazon① Astral Amazon
この小説が好きな人にお勧めする③
①七月さんの『Astral (電撃文庫)』幽霊が関わる切ない連作短編集。
竹内元紀さんの『仕切るの? 春日部さん (1) (カドカワコミックスAエース)』下ネタ満載。
若宮弘明さんの『たんぽ 1 (少年マガジンコミックス)』下ネタ満載。


七月隆文白人萠乃と世界の危機 (電撃文庫)メディアワークス,2005


あれ? ペンネームを多少変えてますが『Astral (電撃文庫)』を書いていた作者さんですよね?
ネットでの評判を聞いていながらも、読み終わった後に(と言うか、最初から)どうしたのか問いたくなる問題作を読み終わりました。
どこが問題と言うか、全部が問題と言うか……。電波を受信してしまったのではないかと。七月さん曰く、両面性の内の片方らしいですが。ドクロちゃんもびっくりしちゃいますよ。
カラーイラストではCMやってるし、あとがきはあとがきじゃないし(時雨沢恵一さん残念)でも、なんとなく懐かしいラノベな感じもしました。
後、微妙にエロいです。健全なエロですが。私の覚えている限りでは、電撃のイラストで胸だしなんてアリス以来ですよ。